本文へスキップ

自然エネルギーで地域社会をたくましく iREA

代表挨拶GREETING

代表理事~挨拶~

活動報告写真

 昨今のゲリラ豪雨、大雪、突風などの異常気象は地球温暖化によるものといわれております。日本においては、江戸時代まで植物由来の再生可能エネルギー(自然エネルギー)を多く使用してきました。明治時代に入ってエネルギーは石炭そして石油(化石燃料)へと、また欧米等においては産業革命を通じてそれまでの自然エネルギーから化石燃料へと移行してきました。
 それらの結果CO2の排出量が急激に増大し、地球温暖化がますます進行しております。
 今、地球温暖化を制御すべく化石燃料から自然エネルギーへの転換が求められております。また、近年の原子力発電事故に見られるような災害の発生を少なくするため、原子力に頼らないエネルギーが求められております。
 


 そこで、自然エネルギーへの関心・理解を求めるとともに利活用の普及を進めるための諸々の事業を展開すべく「一般社団法人いばらき自然エネルギー協会」を設立したところです。
 皆様のご理解・ご協力、そしてご指導・ご鞭撻を頂き目的達成を図ってまいります。

 
                                      代表理事 鶴見政幸                                                                                                                  

(一社)いばらき自然エネルギー協会

〒310-0053
茨城県水戸市末広町1-2-36

【事務局】
〒300-2721
茨城県常総市篠山885-3
(株式会社新星コンサルタント内)

TEL 050-5531-1745
MAIL ene@nsc30th.co.jp